前へ
次へ

葬儀の際の香典や袱紗の包み方とは

葬儀に参列する際には、香典を持っていくことになりますが、その際には金額や書き方に十分気をつけなくてはなりません。
親しい間柄ほど包む金額も高くなりますが、地域により相場の違いもあるのでよく確認しておくべきです。
香典袋は剥き出しのままでバッグに入れて持ち歩くものではなく、袱紗に包んで持ち運び、渡す時に袱紗から出すことがマナーです。
袱紗にはいくつか種類がありますが、用途によって選ぶべき色やデザインにも違いがあるので、注意しておかなくてはなりません。
葬儀の際に使用する袱紗のカラーとしては、一般的には紫ですが、それ以外にもこグレーや紺色などもあります。
袱紗の包み方としては、まず香典袋を中央より右寄りに置いたら 、右そして下、上そして左の順番で包んでいきましょう。
繰り返し不幸が起きないようにするためという意味が込められた包み方となっているので、間違えないように頭際には十分に気をつけなくてはなりません。

Page Top