前へ
次へ

葬式の通夜振る舞いの近年の傾向

通夜が行われた後には、通夜振る舞いがあることが一昔前は当たり前のことであり、その際には精進料理で、肉や魚は避けられていました。
ですが近年では、通夜振る舞い自体をしないケースも増えているように、メニュー内容にも特にこだわりはなく、簡素化されていて、寿司や刺身などが出てくるケースも珍しくは無くなりました。
通夜振る舞いとなれば、何人程度参加するのかがわかりにくいということもあり、一人分ずつではなく手軽につまめるサンドイッチやオードブルなどを大皿に盛りもてなすというスタイルもあります。
死の穢れを清めるという意味もあり、日本酒やビールといったお酒も用意しておくようにしなければなりません。
一昔前は、夜更けまでの酒宴になることもありましたが、近年では1時間や2時間程度の簡単なもので終わるケースが多いので、それほど多くの料理やお酒を用意しておく必要はなく、ある程度の量にしておくことで問題はないのではないでしょうか。

Page Top