前へ
次へ

葬儀での香典の意味やマナーについて

葬儀に参列する際に必須となるのが香典であり、葬儀で渡すお香典の由来は、お線香や抹香など故人に対してお供えするものが、金銭に置き換えられたということであり、参列者から故人に贈っているという意味となっていました。
もちろんそれだけではなく、葬儀に際して一時的にまとまったお金が必要となりますが、葬儀は急なことが多く金銭面の負担で頭を悩ませる人も多いです。
その際には、お香典が一種の扶助的な役割も担っていると言えるのではないでしょうか。
しかしいざ持参するとなれば悩むのが、どの程度の金額を包めば良いのかという点です。
必ずしもいくらでなければならないというわけではありませんが、故人との関係性や自分の立場をよく考えた金額にしておくべきです。
お金に余裕がない時には、少しでもと考えて包む人もいますが、あまり少額となれば香典返しでかえって負担を大きくさせてしまうということにもなりかねないので、よく考えておくべきです。

Page Top