前へ
次へ

香典を包む不祝儀袋の選び方をチェック

お葬式に参列する際は、香典を持参するのが一般的です。
通常、不祝儀袋に一定の金額を入れて参列します。
ただ、お葬式の種類によって、香典を入れる不祝儀袋を変えなければいけません。
不祝儀袋にはどのような種類があるのか、そしてどのようなお葬式で用いれば良いのかチェックしてみましょう。
日本で最も多い仏式のお葬式で使うのは、無地の熨斗袋に白黒の水引がかかっている不祝儀袋、または蓮の花の絵が描かれた熨斗袋を使用します。
神式では双銀の水引がかかっているものを選ぶのが基本です。
神式の場合は、「御玉串料」「御榊料」と表書きするのがマナーです。
キリスト教式のお葬式に参列する際は、ユリの花や十字架が描かれたキリスト教用の不祝儀袋か、白無地封筒を選ぶと良いでしょう。
表書きは「御花料」と書きます。
故人がどの宗教を信仰していたかが分かっている場合は、このようなマナーに則って不祝儀袋を選びます。
もし、故人の宗教が分からない・無宗教という場合は、白無地袋に白黒の水引がかかっているものを選べば良いとされています。

オフィス 見える化
働き方改革に貢献します

http://www.slip-csr.jp/
一般社団法人床の滑り測定協会では試験体CSR測定から現地CSR測定まで幅広く行っております。

運用や管理も依頼できますので安心です
納品後のアプリの運用やアプリのバージョンアップ等にも対応できますので、ご相談ください。

Page Top