前へ
次へ

精進落としの料理のマナーについて

葬儀が執り行われた後には精進落としがあり、料理が振舞われることになります。
精進落としでは、遺族が僧侶や参列者を接待する場となっているので、僧侶を最上座に案内するようにしなければなりません。
それに続き会社関係者、そして友人や知人、親族の順に座り、喪主は入口に近い末席に座ることがマナーとなっています。
遺族は、列席者をもてなす立場なので飲食中は、一人一人の席を回ってお礼の言葉を伝えることになります。
精進落としに招かれて、出席する立場となった場合にも、マナーには十分気をつけておかなくてはなりません。
お酒を飲み過ぎたり、くつろぎ過ぎるなどしてしまわないように気をつけましょう。
精進落としの席では、遺族に対して改めてお悔やみを言う必要はありません。
しかし遺族を気遣うことは最低限のマナーとなっていることは確かであり、悲しみの気持ちを和らげるように振舞ったり、励ましになるような声掛けをするようにしましょう。

Page Top