前へ
次へ

通夜振る舞いの意味やマナーについて

通夜振る舞いとはお通夜に参列してくれた弔問客を別室に案内してもてなす儀式です。
通夜が終わった後には、通夜振る舞いが行われるケースが大半であり、通夜振る舞いでは軽食やお酒を出し弔問のお礼を伝えるのはもちろんのこと、故人との思い出を語り合い故人を偲ぶという意味もあります。
通夜振る舞いには、故人への供養のための故人とともにする、この世での最後の食事という意味もあります。
通夜振る舞いは、仏事のひとつであり、一昔前は行うことが当たり前だったように、近年でも多くの葬式で行っています。
しかしここ数年の間では、通夜振る舞いを行わないというケースも増えつつあります。
その場合には、通夜振る舞いの代わりとし、弔問客に粗供養品を持ち帰ってもらうという選択肢をすることも増えました。
どのスタイルが正しいというわけではありませんが、通夜振る舞いがあり参加する際には、箸をつけるようにするなど、最低限のマナーには気をつけるようにしましょう。

Page Top